<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ショップへ戻る
竹のめぐみ すず竹の籠、実演と体験

*柴田さんのすず竹の籠

作り手さんには決して少なくない数をご準備いただきましたが、2日間でほとんどの籠が旅立ってしまい、本日25日現在、ご用意できる籠は5点程となりました。お客様のご厚意によりお預かりしている籠、また作家所蔵、個人所蔵の籠も展示しておりますので、ご覧いただけましたら幸いです。

 

*土屋さんのはちみつ

こちらも大好評いただき、本日25日現在、アカシア、とちが少量ご用意ございます。週明けには追加で再び5種入荷予定です。

 

お昼過ぎには大雨と雷の展2日目。柴田さんと土屋さんが在店され、12時から閉店まで途切れることなく沢山の方々にお運びいただきした。皆さんとても熱心にお話に耳を傾けていらして、あぁ、やはりこういうの、いいなぁと。最初から最後まで立ち通し、しゃべり通しの一日でしたが、なんだかこう今までのことがぎゅっと詰まった濃密な時間を過ごすことができました。皆さま、ありがとうございました。

 

 

かご編みの実演、弁当かごなどの角もの、実はすず竹細工はちょっと他の編み組みのものと作り方が異なるのです。別の地で籠編みをなさっている方々、これから一戸に移住してすず竹細工に取り組む方もいらっしゃって、あぁ、柴田さんの活動がこれからに、未来に繋がっていると感じうれしく。

 

 

左上にちらりと見えるのは、名工・穴久保ナミさんの合わせ編み(二重編み)籠、こちらは柴田さんの所蔵品ですが、すず竹の素晴らしい技を見ていただきたくて、今回の展のためにお借りしています。どうぞ目で見て、手で触れて、開いたり閉じたりしてみてください。これから籠を選ぶ際の指針にもなるかと思います。いつか、あ、これだ!に出会うその時まで、そういう感覚を養っておくのも大事だなぁと思います。勘がよくなります。機会を逃さなくなります。経験的に。

 

 

土屋養蜂場さんのはちみつ掬い体験、子どもも大人も初めて!という方多数。アカシア、とち、りんご、さくら、くり、そば・・・などほぼ一種類の花からできているはちみつを単花蜜(たんかみつ)と呼ぶのだそう。ではそれをどうやって分けるのかというと「うちで採取しているのは西洋ミツバチのはちみつ。西洋ミツバチは群れの中にリーダーのような蜂がいて、アカシアならアカシア、とちならとち、とその巣にいる群れはひとつの花に行け!という指令がでるの。だから他の花にはいかず一種類のはちみつができます。」とのこと。なんと!それにしても、アカシアの巣蜜、おいしい!

 

 

なかなか離れがたい、籠。一度おとなりHOMEBASEさんのはちみつカフェで一息入れてから、戻ってくる方も。

 

 

柴田さんからいただいた「ニャンかご」を愛用する我が家のトト(♂・4歳)。沢山のお客さまの前で実演販売!?今回はニャンかごの入荷はございませんが、いつか猫のもので・・・と、企てております。

 

 

柴田さんの籠、残りわずかとなってしまいましたが、え!これがまだあるの!?という意外な展開に。今日も12時から開いております。お天気も回復しているようですし、ご近所ラマパコスさんではベトナム展最終日谷保天満宮さんのお祭りもありますので、ぜひぜひお散歩がてらお立ち寄りくださいませ。

竹のめぐみ すず竹の籠、初日

竹のめぐみ すず竹の籠展、はじまりました。初日の昨日は断続的な雨で傘が手放せない一日、あいにくのお天気にも関わらず、ご遠方からも沢山のお客さまがお越しくださいました。「ずっと楽しみにしていたんです。」というお言葉、ありがたい限りです。柴田さんの籠、心待ちにしてくださったお客さま同士の会話も心地よく耳に響き、熱冷めやらぬ空気感ながらも、皆さんにこにこ穏やかに手にとっていらして、とても良い時間を共にさせていただきました。

 

R0021140.JPG

 

定番・人気ながらなかなかお目にかかれないと噂(?)の市場かご、角の弁当箱は完売いたしましたが、丸弁当かごが少しご用意ございます。我が家では飴を買ったらこの中へ。一袋分気持ちよーく納まるサイズ感で、車でのお出かけにも連れて行っています。

 

R0021149.JPG

 

角の市場かごも完売御礼・・・ですが、手付きのかごや、ぽっちゃり手提げ、また楕円ざるや丸ざるなどはまだございますよ。

 

R0021152.JPG

 

個人的に一番好きな編み目「透かし網代編み」。これを編める方はとても少ないのだそう。軽やかで繊細な印象ながら、しっかりした籠。「かごは美しいだけでなく、丈夫なこと。」柴田さんの信条がよく表れていると思います。

 

R0021145.JPG

 

状差し、花器としてお使いいただいても素敵です。

 

 

縁編みまで透かし網代で仕上げたかご、和の要素が中和されて馴染みやすい。

 

R0021147.JPG

 

土屋さんのはちみつも初日から大人気!アカシア、とち、りんご、さくら、くりの5種をご用意しております。滋養がぎゅっと詰まったおいしさ、本日、12時からは柴田さんのかご編み実演と一緒に、土屋さんが巣蜜(ハニーコム)ではちみつ掬い体験を開いてくださいます。

 

R0021148.JPG

 

今日も傘必携の予報ですが、どうぞお運びくださいませ。ご来訪お待ちしております!

本日12時より、竹のめぐみ すず竹の籠展はじまります

早朝から降り続いていた雨が上がりました!まだ脚立がどん、と置かれる店内、展示の最終仕上げが続いておりますが、本日12時より、竹のめぐみ すず竹の籠展はじまります。

 

展が決まってからまだ寒い春先から暑い暑い夏にかけて、作り手の方たち本当に本当にご尽力いただきました。竹のめぐみは柴田恵さんと、柴田さんとお付き合いのある熟練の作り手さんたちの活動です。その作り手の多くは70代〜90代。体調や天候と作る気力と体力、全体のバランスをとりながらの製作。1点ものも多く、ご希望の方全てにお渡しできる数とはいかないかも知れませんが、仕上がりの美しさはもちろんのこと、これだけの数と種類をご準備いただきました作り手さんに感謝です。会期中のお買い物に際しましてお願いがございますので、ご案内いたします。

 

 

【竹のめぐみ すず竹の籠展:お願い】

 

1. お買い上げ品のお受け渡しについて

作り手が作ることのできる数に対してご希望者が多数いらっしゃることが予想されます。お品のお受け渡しですが、「展示終了後の 受け渡しOKよ!」という方大歓迎!です。売約済みとさせていただき、会期終了後にお渡しさせていただきます。おひとりでも多くの方々に、すず竹細工のしごとをご覧いただけたらと思っております。ご協力の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2. 通販対応について

会期中、販売は実店舗のみとさせていただきます。会期終了後、通販での対応を検討させていただきます。
 

3. ご決済について
お買い上げ金額10,000円以上よりクレジットカード決済をご利用いただけます。

あたためるもの、大人と赤ちゃん

先週末は北海道へ。晴れ間が広がり気持ちのいい長月の休日、東京に戻ったら冷たい空気を連れ帰って来たのかのように、ぐぐっと気温が下がって寒い!体調も崩しやすい時期、皆さま、あたたかくして健やかにお過ごしくださいますよう。

 

moss stitch = かのこ編みのウールソックス、evam evaより。今年の色は(左上から時計回りに)ライトグレー、チャコール、モカ、カーキ。冷えとり、重ね履きの最後の一枚にも最適です。防縮ウールを使用しているため、ご家庭でお洗濯していただけます。毛玉もできにくく、ここ数年来のお気に入り。

 

R0021131.JPG

 

新色のカーキ、いい色です。

 

R0021127.JPG

 

ウール90%、ナイロン10%の混紡糸、かのこ編みでふっくらと空気を含んで暖めてくれます。

 

R0021130.JPG

 

・wool moss stitch socks ¥2,100(+税) size : 22 - 24cm(丈24cm)

 

小さな人にはオーガニックコットンのパイルソックスとレッグウォーマー、ORGANIC GARDENより。ピンクとグレーは天然染料のハニ染め。

 

R0021136.JPG

 

レッグウォーマーは伸ばしてタイツ代わりに、たるませてソックスのように。赤ちゃんから3歳前後までお使いいただけます。

 

R0021135.JPG

 

・ベビーふんわりパイルソックス ¥800(+税) size : 10 - 12cm(足底にすべり止め加工付)

 

・ベビーウォーマー ¥1,200(+税) size : 約丈27cm

 

その他、大人用のガラ紡ソックス、それからヨガウォーマーなど届いております。これからの季節のご準備に、ぜひ。

HOMEBASEのはちみつカフェ

9月の展「竹のめぐみ すず竹の籠」まであと1週間となりました。この間お電話でお話ししたら一戸の鳥越地区は台風の影響も少なく、ご高齢の作り手さん(名人)たちも体調を崩されることなく製作に励んでくださったとのこと。来週の金曜日から岩手・一戸のかごとはちみつ、諸々準備を整えまして皆さまのご来訪お待ちしております。

 

そしてそして、会期中初日23日(金)と24日(土)の2日間、お隣のHOMEBASEさんが一戸・土屋養蜂場さんのはちみつを使ったお料理をご用意してくださいます。HOMEBASEのはちみつカフェ!メニューのお知らせが届きましたのでご案内です。

 

 

◆ はちみつカフェ at HOMEBASE

・日時:2016/9/23(金)・9/24(土)11:30〜19:00(L.O 18:00)
・場所:HOMEBASE(→ 地図:musubiのすぐ左隣です)

◯お食事
・はちみつデリプレート
・カンパーニュ2種のトースト(お好みではちみつとバターを添えて)
・デリ数品とポタージュ

◯おやつ
・りんごはちみつプリン
・ぶどうのワインジュレ

◯お飲み物
・コーヒー ホット/アイス
・はちみつゆずスカッシュ
・アップルジンジャエール
・果実酒(みかん酒・うめ酒) ソーダ割り/お湯割り

※メニューは変更になる場合がございます、ご了承くださいませ。
※はちみつを使用していますので、1歳未満のお子様はご飲食をご遠慮ください。

お買い物の前に腹ごしらえも良し、お買い物後にほっと一息も良し◎お食事も、おやつも、お酒もあります。楽しみであります。