<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ショップへ戻る
棕櫚(しゅろ)のあれこれ

娘が通う小学校では今日で給食が終了、この暑さの中、ランドセルの周りに絵の具セットやら、音楽バッグやらいっぱい荷物を括り付けて下校しているけれど、その顔はどれもハツラツとしています。今週末から夏休み!いいなぁ。

 

お休み中に持ち帰る上履き、皆さんお手入れはどうされていますか?我が家では上履き&スニーカー洗いといえば、こちら、高田耕造商店さんの「ズックにやさしいたわし」。昭和40年頃に靴を洗うのに使い勝手の良い商品として、たわし(当時はパームを使用)に柄をつけたシューズブラシ「チェリー」を初代社長・高田耕造さんがが考案、販売。つま先にまでしっかりと繊維が届くようたわし部分に曲げ加工が施され、靴の内側も洗いやすい、オススメです。

 

 

棕櫚(しゅろ)のたわしに触れてみると「たわしは固い」そんなイメージが覆されます。適度な固さとしなりを持った棕櫚の繊維で掻きだすように洗うと、表面に細かな傷をつけることなく確実に汚れを落としてくれます。

 

今月末に開かれる棕櫚の箒のワークショップ、同じく柔らかなしゅろを使った箒は、本棚や窓の桟のお掃除に、パン屑や細かな砂も綺麗に集めてくれますよ。当日は、箒を作りつつ、棕櫚のたわしや箒の効果的な使い方、お手入れの仕方や、職人さんのこと、再生活動を試みているしゅろ山のこと、棕櫚のあれこれお話を伺います。小学生以上のお子さんなら大人と一緒に一本を仕上げてみるというのも◎ご希望の方、お気軽にご相談くださいませ。

 

*棕櫚(しゅろ)の箒づくりワークショップの詳細は →   こちら

 

(※若干数お席のご用意がございます・7/17現在)

7月

今年は薔薇も、紫陽花も早く咲いて、東京はといえば記録的な早い梅雨明けで気がつけば夏の入り口に。蝉はまだ鳴いていないけれど、長い夏が始まりそうな気配がします。

 

そして何より、気がかりなことは西日本の豪雨。被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。テレビ画面に映る崩れ落ち、泥水に覆われた家、そして街の様子に本当に心が痛みます。暑さの中での避難生活、どうか1日も早く穏やかな日常をと願わずにはいられません。自然の力はどこかの誰かにだけ及ぶのではなく、どこの誰でも及ぶもの。どこにいても誰であっても、備えるということが必要なのだと思います。

 

 

7年前の3.11、私が育った地もまた大きな被害がありました。震災後、電話が通じるようになって母が言っていたこと「とにかく隣近所、人だよ。こっちは繋がっているからなんだかんだ言って大丈夫なの。東京の方が心配。」

 

どう動くのか、そして、自分たち以外の人とどう手を携えて行くのか、どう生きるのか。

 

写真は昨日いただいたお野菜たち。生み出し、手渡す、その手と存在の尊さよ。私には何ができるだろう。

7月7日(土)臨時でお休みいたします

異例の早さで関東は梅雨明け、もうすでに真夏のような空気です。2代目看板猫・トト(♂・6歳)は営業時間が短縮されたようで、最近はお客様がいらしても2階で涼しい場所を探してお昼寝ばかり。今朝は階段上に腹ばいになっています。白と黒の毛皮、暑いよね。

 

さて、今日30日(土)は通常通り12時よりopenいたしますが、来週、7月7日(土)は臨時でお休みをいただきますことをお知らせいたします。週末、ご来店を予定されていらした方々にはご迷惑おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

明日から2018年も後半、暑さの盛りはこれからですが涼しい、寒いねという言葉が口に上る季節のお愉しみを準備しようと思います。暑中見舞いにはまだ早いけれど、皆さまくれぐれもご自愛くださいませ。

高田耕造商店・棕櫚(しゅろ)の箒づくりワークショップ

6月下旬、紫陽花は早くも盛りを過ぎてもう向日葵が似合いそうな陽気が続いています。さて、来月7月27日(金)・28日(土)は「しゅろのやさしいたわし」でお馴染み、高田耕造商店さんの三代目・高田大輔さんをお招きして棕櫚(しゅろ)を使った小さな箒づくりのワークショップを開きます。しゅろって?やさしいたわしって?汚れの落とし方って?楽しくためになるお話を伺いながら一緒に手を動かしましょう。お申込みはいずれも下記よりお手続き or お電話[042-575-0084・musubi坂本まで]or 店頭(火〜土 12:00〜18:00)にて承ります。皆さまのご参加をお待ちしております!

*「カートに入れる」ボタンを押すとmusubiのウェブショップにリンクします。

*「カートに入れる」ボタンを押すとmusubiのウェブショップにリンクします。

『PANACEA PHARMA 我が家の香りをつくる』展が終了しました

PANACEA PHARMA - 我が家の香りをつくる』展が終了しました。ご参加いただきました皆さま、お気に留めてくださった皆さま、本当にありがとうございました。梅雨らしくしとしとざあざあ雨の日も多かったものの、会期中何度も足を運んでくださる方もいらして、またワークショップも好評でぜひ次回を!とのお声をいただきとても嬉しく思います。

 

香り、アロマテラピーというとなかなか目には見えにくいものですが、知らなかったことを知ることで、そこから世界がぐっと広がります。暮らしの中でいつも手元にある香りの力としてお役立ていただけましたら幸いです。
 

 

いつもありがとうございますの方も、初めましての方も、また、いつも分かりやすい説明と穏やかな時間を作ってくださる日本エステル社の川島さん、ありがとうございました!