<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ショップへ戻る
ハリノヲトのこぎん刺し

マメコ(豆)、ハナコ(花)、テコナ(蝶々)など、津軽地方に伝わるこぎん刺しのモドコ(図案)は身の周りの動植物がその題材に。綿の栽培ができず、木綿の着用を禁止された農家の女性たちが目の粗い麻布に防寒のため糸を刺したのがはじまりです。伝統的な古典図案はもちろんのこと、今の暮らしに寄り添う独自の図案を手がけるハリノヲト・植木友子さんの作品をご紹介いたします。紺と白に加えて、彼女らし色使いの美しい針仕事をご覧いただける機会、どうぞおでかけください。

 

◆ ハリノヲトのこぎん刺し
2018/19/26(金)〜 11/31(土)12:00 - 18:00
 [会期中29日(月)お休み]

 

 

2016年の二人展以来、2年ぶりです。鉄瓶やイタヤ馬、こけしや赤べこなどの独自図案の考案や、書籍の出版、こぎん刺し教室の講師、メーカーさんからのキット販売・・・とご活躍のハリノヲト・植木さん。DMの紺 x 白の他、彼女らしい配色と図案の作品がたくさん並びます。「個展ではひとつずつどこか違うものを。選んでいただく愉しみを届けたいです。」というお言葉が。どうぞお楽しみに!

 

 

 

11/3展の最終日は、こぎん刺しのワークショップを開く予定です。また追って詳細お知らせいたします!

勢司恵美さんの青竹の平ざるづくりワークショップ

清々しい青竹のかご、昨年10月に開かれた勢司恵美さんの「仕舞う 容れる 竹かご展」から約1年。展示会を来年までお休みとしつつも、あれこれ活動に勤しんでいらっしゃる勢司さんが来月10月再びmusubiにいらしてくださいます。今回のワークショップのお題は「平ざる」、焼き立てのパンやおにぎりを載せたり、お鍋の具材を盛りつけたり。干し野菜や干し芋作りにも重宝しそう。人が集まった時にも大活躍してくれる大きさ(約27cm)、自分で使う道具を自分の手で。

 

お申込みはいずれも下記よりお手続き or お電話[042-575-0084・musubi坂本まで]or 店頭(火〜土 12:00〜18:00)にて承ります。皆さまのご参加をお待ちしております!

※毎回人気の勢司さんのワークショップ、ご希望いただきながらまだご参加いただけていない方、初めての方にも機会をと考えております。大変心苦しい限りではございますが、昨年10月の個展の際のワークショップ「六つ目編みかごづくり」ご参加の方につきましては今回のご参加はご遠慮いただきますようお願いいたします。

*「カートに入れる」ボタンを押すとmusubiのウェブショップにリンクします。

秋の始まりに

秋の始まり、台風21号に、北海道地震・・・たて続けに災害が起こっています。被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。停電や断水が続いているようですが一刻も早く不安な状況から解放されますように。

 

 

様々な情報を目の当たりにし、思いがけず心が不安定になる方々も多いかと思います。安否確認は急ぎたい、でも停電の時は何よりも電源確保が大切だということ。幸い、旭川に住む家族とはメールが繋がり、その後電話が繋がりました。電気が通らない間の情報源は携帯ラジオだったとのこと。いつもは便利なスマートフォンも、電源がなければ如何ともしがたい。何が大切か、どう動くか、まだまだこれから油断ならない状況かと思います。

 

そして、それはいつでも自分ごととして。今日も一日、自分にできることをしよう。

 

2年前の秋の大雪山と青空、美しいなぁ。

9月6日(木)臨時休業のお知らせ

夕暮れが早くなり、今日から9月。さて、来週 9月6日(木)は、臨時でお休みをいただきます。皆さまにはご不便おかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ひところよりは暑さも落ち着き、猫のトトも落ち着いた様子。晩酌?おやつ?のカツオパウチが欠かせません。元気です。

 

記録的な暑さの夏でした。反動が来ないように・・・秋も健やかに過ごしたいものです。皆さまにおかれましてもくれぐれもご自愛くださいませ。

モリサキ 靴工房・おでかけレザーポーチづくりが終了しました

比較的涼しかったお盆を過ぎたら猛暑再来、先週の土曜日も36℃!モリサキ 靴工房・おでかけレザーポーチづくり終了しました。ご参加いただきました皆さま、森崎さん、お暑い中ありがとうございました。4時間の長丁場、細かな工程をひとつひとつクリアしながら・・・めでたく全員完成!

 

 

革は滑らかな質感のレザー「リスシオ」。初めは鮮やかな色をしていますが、使っていくうちにツヤが出て、色もどんどん濃く変化します。今回、定番のブラウン、ブラックのご希望はなく皆鮮やかな色ばかり。縫い糸をお選びいただけるので、ポイントにピンクを使ったり、同じイエローでもグレーを選ぶ方、オレンジで仕上げる方、皆好みのものを。

 

 

革の手縫いは、初めに針と糸が通る穴を「抜き」と呼ばれる道具を金槌で打って開けて行きます。それはもう地道に、トントントントン・・・いい音が響きます。この時間結構集中できて気持ちが良いのでは?と思います。

 

 

今回のおでかけポーチは、内側にもポケットがあったり、裏面にもファスナー付きのポケットがあったり・・・と細やかな仕様。そのため、工程が多いのですが大丈夫。森崎さんがひとつずつ、ひとりずつ、ちゃんと出来るように教えてくださいます。これはストラップをつける金具がついたところ。

 

 

一本の糸に針を二本、同じぐらいの長さに揃え交互に縫い合わせていく・・・マチ部分の立ち上げはちょっと苦労しましたが、終わられた方がお隣の方に教えてくださったり。こうした場面は本当にいいなぁとワークショップを開いていると感じます。わからないこと、知らないこと、教えてもらって「わかった!」内容もそうですが、その喜びも共有して、伝播していくようないい空気が流れます。

 

 

森崎さんのワークショップは、毎回、その度に細かなところまで詰めてくださいます。納得するまで手を止めない姿勢はいつも頭が下がります。

 

 

またいずれかの機会に。森崎さんと一緒に、こんなのあったらいいなぁ!をお届けできればと思っております。