<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
ショップへ戻る
初心忘れるべからず

この場所で暮らし、仕事を始めて今年で9年目を迎える我が家。3歳だった娘はもうすぐ12歳に、白と黒の猫は1代目から2代目に、当初1階にまとまっていた夫婦の仕事場も変容し、娘の部屋を作り、夫は近くに別の場所を構えています。内も外もいろんな変化があるけれど、この場所で暮らし、仕事をしようと思った初めの心を、ふとしたことから思い出させてもらった昨日。初心忘れるべからず、暮らしも仕事も一歩ずつ積み重ねていこうとあらためて。

 

写真は引っ越してきてから2年後ぐらい、小さな小さなベランダを板張りにしたら、あっという間に当時5歳の娘の工作の場所に。足りなかったら工夫をし、必要が出てきたらつくってみる。その都度、仕事を見つめ、暮らしに向き合ってみる・・・とは、同じ年に我が家を取材いただいた際に私が寄せた文。

 

 

『家のような、事務所のような、店のような(仮)』 文:坂本 眞紀

桜と銀杏の並木が続く大きな通りに面した古い平屋を離れて、五十年近く続く商店街の一角に、住まいと設計事務所と店が同居した小さな家をつくり、夫婦ふたりと、長女、猫一匹と暮らしている。パン屋さん、八百屋さん、魚屋さん、豆腐屋さんなど日々の暮らしを支える店が連なる商店街の中は店舗兼住居の家も多く、そこかしこに暮らしの気配が伺える。以前からこの辺りの買い物客でもあった私たちは、この場が持つ温かな空気に惹かれていたので、ご縁が出来た瞬間に思い描いていた暮らしのかたちが現実的な像を結んだ。

どんな風に暮らしたいか。場所探しを通して私たちが望んでいる暮らしのかたちはごく簡素なものになっていった。眠る場所があって、ご飯を食べる場所があって、人を呼べる場所があって。そして、仕事の場と暮らしの場、このふたつがひとつになった家のかたち。夫は建築設計事務所を、妻の私は暮らしの道具を扱う店を営んでいる。夫婦共に暮らしとは切っても切り離すことができない仕事だ。つくる建築も、えらぶ道具も、全てが私たちの暮らしとつながっている。仕事と暮らしを別のものとして切り離すのではなく、暮らしの中から受け取ったものが仕事に、仕事を通して培ったものが暮らしに還るような、ひとつの家の中で仕事と暮らしが穏やかに循環するような場をつくりたいと願った。

17坪の小さな建物の中では、仕事と暮らしの境界線はとても曖昧で限りなくいろいろなものが混在している。通りに面した扉を開くと小さな空間に設計事務所と店が並び、そのすぐ奥には我が家の食卓と台所が続いている。店と家の間に取付けられた引き戸はほとんど閉じられることはなく、店が開いている時もひと続きの空間になっていて訪れた人は私たちの実際の暮らしに触れることになる。昔ながらの商店の奥が暮らしの場だったように、私たちの建物も仕事場の奥に暮らしの場が広がっている。閉じるのではなく、少し開いてみる。そうすると暮らしは家の中だけではなく外へとつながっていることを実感する。向こう三軒両隣、町内、そして街へと。玄関先に植物を植えれば道行く人と会話が生まれ、風通しのため家の周りをぐるりと開ければ野良猫が散歩途中に顔を出す。娘が商店街の路地で遊んでいれば近所の方が声をかけてくれる。そうした周囲とのゆるやかなつながりがここでの暮らしをより一層楽しく魅力的なものにしてくれている。小さいから、狭いからと諦めず、小さくても、狭くても構わず、家族、友人、お客様、たくさん人を招いている。私たち家族以外の人に訪ねられた我が家は、ふわりと優しく温かな空気に包まれる。そういう家は幸せだ、と思う。そしてその空気の中で過ごす私たち家族も。

ここはもっと広く、そこはもっと大きく、あれも、これも、ほしい。足りないものを言い出したら果てしないけれど、それらが全て揃ったとしても自分たちの暮らしにしっくり合うかどうかはわからない。無理をせずに、今の自分たちの暮らしを少しずつ積み重ねてゆけばいい。店は縁側のような役目もこなすし、食卓は打合せテーブルになる。イベントの時は家まるごと開かれた店にもなるし、休日の仕事場は日曜大工の場になる。娘が小学校に上がる頃には、彼女の場所もつくることになるだろう。家という形自体は竣工時に完成されてはいるが、住み始めて2年経った今も我が家の暮らしは日々変化し、試行錯誤を繰り返している。足りなかったら工夫をし、必要が出てきたらつくってみる。その都度、仕事を見つめ、暮らしに向き合ってみる。仕事と暮らし、いずれも一足飛びに変わるものではなく、日常の小さなかけらのようなものを自らの手で集めては積み上げ、ゆっくりと育ってゆくものなのだろう。家のような、事務所のような、店のようなこの場所は、その時々で家の顔を持ち、店の顔を持つ。これからもまた変化してゆくだろう。そうして、じっくりゆっくり仕事と暮らしに向き合いながら家と付き合ってゆくと、自分たちの暮らしのかたちに寄り添ってくれる住まいに育つような気がしている。

 

『幸せな家』/『住む。』No.46号 夏号 

 

仮題は私たちが尊敬してやまない編集者に『幸せな家』と名付けられました。

2020年

あけましておめでとうございます。2020年、皆さまと一緒に楽しむ場と時間を作っていけたらと思っております。新しい年が皆さまにとって幸多き年となりますように。

 

 

年末年始はここ数年で一番かな?というくらい、の〜んびり。初詣も三ヶ日が明けてから、見たいものみて、食べたいもの食べて、最後は富士山の見える温泉へ・・・という感じ。あれもこれもと詰め込まず、ゆったりのんびりしたおかげでいい空気を吸い込んできました。

 

今朝は七草粥をいただき、本日1月7日(火)より開いております。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年も一年ありがとうございました

2019年もあと数時間、今年も大変お世話になりありがとうございました。ご縁をいただきお目にかかれましたことを心より嬉しく思います。またご一緒いただけるように、一歩ずつ歩んでいきたいと思っております。2020年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

七福神の一柱で戦いの神様でもある毘沙門天の使いといわれる「ムカデ」を模した注連飾り。たくさんの足を持ち、後退しないムカデ。そのことから「前進」というメッセージが込められているのだとか。

 

皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。

七梅さんの繕いものマルシェが終了しました

師走の始まりから4週に渡った『七梅さんの繕いものマルシェ』、昨日無事終了しました。在店される日を目がけて、繕いたいものを握りしめて駆けつけてくださる方がたくさんいらしてくださり、繕いものの素材や道具もわいわいお選びいただきありがとうございました。

 

ワークショップとはまた一味違って、時間や人数や繕いものの細かな決め事などなく「この日、ちくちく繕いものしているので良かったらどうぞ」という感じだったのですが、これがまた良かった。誰もがきゅうきゅうになりそうな師走の最中、なんだか、ご近所の縁側で家主を見かけて、つい声をかけておしゃべりしていたら、針と糸を持って手仕事が始まったような、そんな自然発生的な生まれ方がなんともいえない穏やかな時間となりました。

 

写真は七梅さんの繕い、とても丁寧な針目と美しい色合わせ。たとえ技法を覚えたとしても「これってどうやって繕ったら良い?」と、訪れる人が何度も相談してしまうのは、きっと彼女が持つ感性を、頭ではなくて皮膚感覚に近いところで素敵!と感じているからなのだろうなぁと思います。マルシェに並ぶ、糸やハギレの色合いにも心踊る日々、ありがとうございました!

 

 

てぬぐい・ふろしき作家の七梅さん、今年度末3月を最後にしばし繕いのお仕事はひと休みなさるとのこと。1月、2月、3月と各所で繕いのイベントを開かれる予定ですので、ぜひぜひこの機会に。

 

*七梅さんホームページ → こちら から

年末年始の営業のお知らせ

師走のカウントは着々と進み、もう後半へ。今月いっぱい『七梅さんの繕いものマルシェ』を開催中、色とりどりの繕いものの素材や道具がずらりずらり並ぶ店内。何かと慌ただしい最中ですが、毎週火曜と水曜にちくちくと針仕事がある場を開くことができ、その暖かな光景に心が凪いでいくようです。なんだか落ち着かないという時ほど、そんな時間ない!って思う時ほど、手を動かすっていいものです。

 

さて、お知らせが遅くなりました。2019年の最終営業日は12月27日(金)2020年の年始は1月7日(火)からとなります。今年もあと少し、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

[年末年始のお休み]

2019年12月28日(土)〜2020年1月6日(月)

 

ウェブショップのご注文分の配送も27日(金)が最終日となります。お休み中でもご注文いただけますが、メールへの返信、各種お問い合わせへのお返事や出荷はお休みさせていただきます。ご不便をおかけいたしますが、年始1月7日(火)より、順次お返事させていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。