<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ショップへ戻る
洗う道具と台所

台所というのは基本的に生き物を食べ物に変える瞬間に向き合う場所なので、掃除清掃は他の場所よりも手がかかるというのは当然のことなのかも知れません。綺麗になることは気持ちがいいとわかっていながらも、毎日のこととなれば、片付けや掃除、お手入れが億劫になる日もあります、が、汚れがしっかり落ちてくれたり、道具が手に気持ち良く馴染んでくれたり、いい感じの洗う道具が見つかると心強いものです。

 

高校を卒業して一人暮らしを始めてから現在に至るまで、スポンジやらたわしの類は一体いくつ試してみたでしょう。ここ数年愛用しているのはこんなラインナップ。

 

(左から時計回りに)

・麦茶ポットにやさしいたわし:細い水筒も、大きな麦茶ポットも。

・ガラ紡お魚エコたわし:トト(猫・♂・7歳)のごはんの器洗い。

・しゅろのやさしいたわし(小):水切りかごやシンク周りのお掃除に。

・パイルアルミネットクリーナー:やかんや鍋の焦げ付きに、シンクや蛇口磨きに。

・ECOVER 食器用洗剤(カモミール):手荒れがなくなった洗剤(私の場合)。

・スピカココ セルローススポンジ:食器洗い、植物性繊維で分解して土に還ります。

・しゅろのやさしいたわし(ねじり・小):フライパンや土鍋、野菜の汚れ落しに。

 

 

セルロースやアルミネットのスポンジは定期的に取り替えますが、高田耕造商店さんの棕櫚のたわしは繊維が抜けたり、カビたりということがないので5年以上使っているものも。よく見かけるたわしのほとんどは「かたい」、それは東南アジアで育つ「パームヤシ」という植物から作られます。しかしながらかつては「棕櫚(しゅろ)」という植物から作られていました。棕櫚は、日本全国で見られる植物で、腐りにくい性質があるため縄に加工されたり、また、繊維を束ねてたわしや棕櫚ほうきの材料として使われてきました。

 

遠くのどこかにある植物ではなく、身近にある植物から自分たちが使う道具を作る。今では難しくなったことのひとつではあるけれど、それは生き物として普遍的で自然な営みなのだと思います。

 

来月、9月20日(金)から始まる『棕櫚と土鍋』展では、様々な形、用途のたわしや箒が並ぶ予定です。触れてみると初めはちょっと驚くほど柔らかさを感じる「棕櫚」。会期中は、長谷園さんの4種の土鍋を使ったお料理教室と、土鍋にぴったり、高田耕造商店さんの棕櫚の鍋敷き作りが開かれます。実際に、素材に触れ、巻いたり、束ねたり、切ったり・・・しっかりした木枠に巻きつけていくので、丈夫な鍋敷きが仕上がります。ご参加お待ちしております!

 

*棕櫚の鍋敷き作り + 土鍋料理教室のお申し込みは こちら から

かまどさんとごはん

我が家の食器棚に納まっている土鍋「かまどさん」、手にしたのは二十代半ばですが、まだまだ現役。一人暮らしの頃、ごはんはいっぺんに三合炊いて、炊きたてを食べたら残りは一膳分ずつ小分けにして冷凍が慣いでした。手持ちの炊飯ジャーは何年も使い、なんだかごはんもあまり美味しくない・・・タイマーも要らないし、何より美味しいごはんが食べたい!と土鍋ごはん生活に。

 

それから、二十年近く経って家族が増えて、お弁当づくりもあったりして、ガス炊飯器を導入している現在ではありますが、やっぱり、これで炊くのが美味しいなぁとしみじみ思います。中強火で12〜14分ぐらい、その後20分蒸らしたら出来上がり。火加減が要らないというのはかなり快適、内蓋がついているので吹きこぼれも心配なし。

 

来月、9月20日(金)から始まる『棕櫚と土鍋』展では、「かまどさん」始め、「蒸し鍋」や「いぶしぎん」「ふっくらさん」・・・などなど、様々なお料理にお使いいただける三重県・伊賀の長谷園(ながたにえん)さんの土鍋が届きます。お料理方法、大きさ、手触り、実際に感じていただきご注文、展示会終了後にお渡しいたします。

 

 

土鍋を手にする前は重い、割れる・・・というデメリットが先に浮かぶことがありますが、それを凌ぐのは何より食材の美味しさ、お料理の簡単さ。シンプルだけれど、美味しいレシピも合わせてご紹介できればと思っております。ちなみに長谷園さんは破損した場合もパーツ毎に販売してくださるのでそれもまた安心感に繋がっています。

 

会期中は、長谷園さんの4種の土鍋を使ったお料理教室と、土鍋にぴったり、高田耕造商店さんの棕櫚の鍋敷き作りが開かれます。土鍋のこと、棕櫚のこと・・・気になるけれどまだ手にしていないという方々、それぞれの道具の使い勝手をお試しいただける機会となりますように。

 

*棕櫚の鍋敷き作り + 土鍋料理教室のお申し込みは こちら から

9月の予定

9月になりました。風が含む熱が少し和らいで、夜は虫の音が聴こえて、店先には美味しい果物が並んで、秋の気配がします。今月は少しイレギュラーでお休みをいただく予定です。ご不便おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

<9月の予定>

9月5日(木)15時〜Open

9月14日(土)臨時休業

9月19日(木)臨時休業(『棕櫚と土鍋』展設営準備)

 

 

先月訪ねたベトナム・サパの街の小さなマーケット。果物と盛り籠の配色がとてもすてき、どれも甘すぎず力強い味がしました。

棕櫚の鍋敷き作り + 土鍋料理教室

来月20日(金)から始まる『棕櫚と土鍋』展では、鍋敷き作りと土鍋を使ったお料理教室を開きます。暑さが落ち着いて本格的な秋に向かう9月の終わりの週末、日々のごはん作りの愉しみの素を見つけていただけましたら嬉しいです。それぞれ続けてご参加できる時間設定ですので、両方ご参加の方も大歓迎です。

お申込みは下記よりお手続き or お電話[042-575-0084・musubi坂本まで]or 店頭(火〜土 12:00〜18:00)にて承ります。皆さまのご参加をお待ちしております!

*追記*

棕櫚の鍋敷き作り:ご案内状では4,000円 と記載しておりましたが、正)3,500円となります。 *「カートに入れる」ボタンを押すとmusubiのウェブショップにリンクします。 *「カートに入れる」ボタンを押すとmusubiのウェブショップにリンクします。

棕櫚と土鍋 - 高田耕造商店 + 長谷園

今秋、やさしいたわしを生み出す和歌山の高田耕造商店さんの棕櫚製品と、お米を美味しく炊ける土鍋『かまどさん』で知られる三重県の長谷園さんの土鍋が一堂に会する展を開きます。会期中は、三代目・高田大輔さんによる棕櫚の鍋敷き作りと、土鍋コーディネーター・竹村謙二さんによる数種の土鍋を使ったお料理教室も。日々のごはん作りの愉しみの素を探しに、ぜひお出かけください。

 

◆ 『棕櫚と土鍋 - 高田耕造商店 + 長谷園』展

2019年9月20日(金)〜10月5日(土)12:00〜18:00 

[会期中9/23(月)・30(月)お休み]


 

 

昔ながらの棕櫚(しゅろ)のたわし、触れると「たわしは固い」そんなイメージが覆されます。お台所に、上履き洗いに、体洗いに・・・数種使わせていただいていますが、繊維が細かく汚れを掻きだすように落としてくれます。昨年の夏、高田さんにワークショップをお願いした時のこと。高田さんが懇意になさっている土鍋屋さん・長谷園さんと一緒のイベントがすごく楽しそう!と盛り上がり・・・今秋に実現できる運びとなりました。実はかれこれ20年ほど「かまどさん」を愛用していますが、土もの、まぁるい形状の土鍋は棕櫚のたわしでお手入れがぴったり。会期中は、棕櫚の鍋敷き作りと土鍋お料理教室を開催、棕櫚と土鍋、両方の魅力と楽しさをお伝えできる機会になりますように。

 

ワークショップの詳細、お申込方法は8月中にあらためてご案内いたします。どうぞお楽しみに!