<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ショップへ戻る
| main | musubi くらしのどうぐの店のはじまり >>
解体決定
戦後、まだ住宅不足だった時代に建てられた築60年程の小さな借家に住んで

います。テラバヤシ・セッケイ・ジムショを開いた当初から、かれこれ・・・

12年。



何度も色を塗り重ねられた木製の建具や、美しい模様が描かれた硝子窓。

一年を通して楽しめる大学通りの眺めや、道行く人たちとの温かな交流。







住む人間を思う存分楽しませてくれたこの小さな家が、老朽化の為数年後に

解体されることになりました。



存在していたものがなくなるっていうのは、やっぱり寂しいものではあるの

ですが、暮らしの場と、仕事の場、ひとつになってこの家で過ごせた私たち

家族は本当に幸せ者です。素敵な出会いや出来事が、山ほどあって・・・

解体の話を聞いた時に真っ先に私たちが思ったことは、ただただ心から

「ありがとう」なのでした。



3, 4年前から、なんとなく、いろんな場所を訪ね始めました。借家住まいの

我が家は、きっといつかこの家を出てゆく時が来るだろうねぇと、少しずつ

少しずつ、心の準備のようなものを始めていたのでしょうか・・・さてと、

これから本格的に次なる場所を模索せねばなりません。



さぁ、何処いこう?