<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ショップへ戻る
<< F/style展、3日目です | main | F/style ホールガーメントのニット >>
F/style 亀田縞

新潟市・亀田に伝わる綿織物「亀田縞」は、元々農民たちが水と泥に強い織物をと自作していたことが始まりで、実用的な農作業衣料の生地として使われていたもの。現存する二軒の機屋が、戦後消滅した亀田縞の生産を半世紀ぶりに復活させました。その亀田縞で作るものを考えた時、F/styleのおふたりの頭の中にあったのはモンペのようなパンツだったといいます。農作業用から始まった亀田縞を、パンツやかっぽう着など、現代版・働く衣へ。

 

厚地のワイドパンツ、足さばき良く動きやすい。広がりすぎずスッキリした形は色んな場面に合わせやすい。

 

kameda_04.jpg

 

こちらは薄地、裾に向かって緩やかに絞ってある細身のパンツ、でもお尻周りはモンペのように楽ちん。

 

kameda_03.JPG

 

かっぽう着、こちらは丈が長めのタイプ。身支度を済ませてからごはん作り、なんて時には本当に重宝する。子どもが小さい時は尚更、ごはん粒いっぱいの顔と手で抱っこをせがまれても平気。

 

kameda_01.JPG

 

縞のものもあります。こちらは通常丈、厨房に入る男性にも好評です。

 

kameda_02.JPG

 

更に薄手の生地で仕立てたブラウス、着て洗ってを繰り返すうちに更に柔らかさと風合いが増します。

 

kameda_05.JPG

 

着丈82cmのロングスカート、着るとなぜか袴を身につけたようなしゃんとした心持ちに。足さばきも良く、歩きやすいです。

 

kameda_06.JPG

 

持ち手を結ぶだけでバッグになるアズマ袋型のお弁当包み、風呂敷(中)、風呂敷(大)。普段使いにはもちろん、旅先の荷物の仕分けや、増えた荷物の居場所に本当に重宝します。

 

 

ハンカチ、手ぬぐい(小)、手ぬぐい(大)、平判風呂敷。手拭き、汗拭き、ハンカチやタオル代わりに、布巾に、ランチョンマットに、かごバッグや収納ものの目隠し布として。

 

kameda_08.JPG

 

同じく新潟・糸魚川市のシャツの高度な縫製技術を持つ美装いがらしとのコラボレートで生まれたベーシックシャツ。小さく、控えめな襟が首元をすっきりと見せてくれます。レディースとメンズサイズがあります。

 

kameda_09.JPG

 

kameda_10.JPG

 

エプロン、大人用と子ども用。腰部分は紐ではなくマジックテープで留められるので、お子さまも自分で着ることができます。大人も首に負担がかからず体が楽です。

 

kameda_11.JPG

 

ティッシュボックスカバー、全6色(※あともう1色(茶)入荷待ち)。

 

 

亀田縞のスリッパ、全4色(※あともう1色(若草紺)入荷待ち)。

 

kameda_12.jpg