<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ショップへ戻る
<< F/style ステインプルーフ | main | F/style 再生ビンと紙器 >>
F/style シナ織

古代織物のひとつとして受け継がれているシナ織、その歴史は縄文・弥生時代にまで遡ると言われています。今では新潟県山北町の他、日本の二、三の山里で織り継がれているのみとなりました。材料は、山間に自生している「科(シナ)の木」、樹皮の内側の甘皮(中皮)の部分を剥がして乾燥、木炭の汁で柔らかく煮て、不純物を川で洗い流し、米ぬかにつけて発酵させる。それから糸を作り、農閑期の冬に織る作業に入る。製法は丸々一年をかけるとのこと、でも、その背景を知らずとも惹きつけられるのは、その仕事の原始的な力強さと美しさ、エネルギーを感じるからなのかも知れません。

 

科(シナ)の木の繊維をつなげ強くよりをかけたシナ糸、色の濃淡が浮き出るような織が美しい手提げ袋。昔の穀物袋の形を踏襲しながら、現代的なバッグに仕立てたF/styleの仕事です。

 

 

 

 

左は科(シナ)、右は菅(スゲ)、縄をなって、指編みによる昔ながらの方法でひとつずつ編まれている花かご。スゲは昔は雨雪をしのぐ雨具・蓑などの材料として使われていました。

 

 

 

 

内側に小さなビンを仕込んだら、お水を入れて生花を活けることも。野の花がよく似合います。

 

 

シナとスゲの鍋敷き。身近な植物の繊維で道具を仕立てる、暮らしの中の必然性から生まれた美しい仕事です。