<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ショップへ戻る
<< 2月1日(木)・8日(木)臨時でお休みいたします | main | 春のニット >>
漆のお直し

2月になりました。東京は今季2度目、国立の街はまだ小雪が舞っていてまだまだ寒いですが週末にはもう春が立つのですね。

 

昨年末にお願いしていた漆のお椀のお直しが仕上がりました。これまで「塗り直し、修理できますよ。」とお客様のお椀をお預かりして作り手の岩舘さんにお願いすることは多々あったのですが、我が家のものをお願いしたのはこれが初めて。6〜7年使っている朱塗りの汁椀、縁をぶつけたのか漆が剥がれ落ちて痛々しい。

 

 

「漆が剥がれたらすぐ使うのを止めて、中に水分が入るのを防いで早めに送ってね。」と伺いつつも、棚の奥で数ヶ月眠らせてしまっていたのですが、やはり早くお願いすれば良かった。これまで使い込んだツヤはなくなりましたが、心機一転のお直しの姿。今は毎日気兼ねなく使えてやっぱりうれしいです。

 

 

2色3サイズ、揃って届けていただきました。

 

(左から)朱塗りの小・こども・中サイズ。あまり華やかな絵付けの器などがない我が家ではこの色がぱっと明るくしてくれます。

 

 

(上から)溜塗りのこども・小・中サイズ、こんな風に重ねても仕舞えます。

 

 

岩舘さんの漆器をご愛用の方、塗り直し、修理・・・そういえば!と思い当たる節がございましたらぜひ。新たにお求めをご検討中の方も長く安心してお使いいただけますのでぜひ。