<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ショップへ戻る
<< 10年 | main | 3月20日(火)〜21日(水・祝)展示会準備のためお休みいたします >>
須藤さんの白釉 飯碗

お隣の街、国分寺市にアトリエを構えていらした須藤さん、今春から拠点を移され香川へ。白釉のこども碗、大人にもほしいねということでサイズ違いを作っていただきました。

 

赤ちゃんのほっぺのように、ふっくらすべすべとした飯碗は、ぽってりとした厚みがありながら手にとってみるとふわりと軽い。低めの高台には全体に釉薬が施され、どこを触っても優しく柔らかいのです。

 

 

使っていくうちに表面に入った貫入が少しずつ染まって、なんともいい色合いに変化します。

 

 

・白釉 こども碗 ¥2,500(+税) size : 約φ10.5 x H4.5cm  →  こちら

 

・白釉 飯碗(小) ¥2,800(+税) size : 約φ11.3 x H6cm  →  こちら

 

・白釉 飯碗(大) ¥3,000(+税) size : 約φ12.3 x H6.2cm  →  こちら

 

これは9年前ぐらい、娘の離乳食、七草粥、鯛、蒸しブロッコリーと人参、みかん。滅多に器を割らない娘が唯一割ってしまったのはこの器、それでも、また同じのがほしい、と言ったのもこの器。残念そうな娘に「また作るよ。」と優しい声をかけてくださった須藤さん、新しい地でどんな楽しい変化が起こるでしょう。これからがまた楽しみです。