<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ショップへ戻る
<< 猫と暮らせば - 中津箒・横畠梨絵さん(箒) | main | 散歩の達人、ナチュリラ、国立歩記 >>
猫と暮らせば - トンガッタミミ・Hiroko Aono-Billsonさん(ぬいぐるみ)

イギリス在住の青野さんとのご縁を繋いでくださったのもお店にいらっしゃるお客様でした。ヴィンテージのコットンや、モヘア、ボタン、リボンが使われた猫のぬいぐるみやバッジ、拝見した瞬間に描く線や色合わせ、猫の表情にぎゅっと胸を掴まれたような気持ちに。青野さんの作品はどこかノスタルジックな空気を携えていて、眺めたり触れたりしていると子どもの頃に還ったような気持ちに。

 

テディベア用のモヘアを使ったモフモフのネコ。黒いベルベットのネコには乾燥させてあるラベンダーが入っていて、ギュッギュッとお腹のあたりを握るとラベンダーの素敵な香りがします。顔と爪のディテイルは、草木染めのウールの糸で刺繍しています。

 

 

猫の目は「猫目ボタン」!刺繍の子たちもいますよ。

 

 

グレートーン、首飾りやリボンがついていたり、お顔の色が半々だったり、いろんな表情。

 

 

こちらはベージュトーン、オッドアイの子もいますよ。

 

 

コットンとモヘアのネコのキーホルダー。ネイビーのコットンネコには細やかな刺繍が、イエロー、ベージュ、グレー、ブラックのモヘアネコにはしっぽがついています。いつもはお留守番の猫、こちらは出かける時も一緒に。