<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ショップへ戻る
<< 猫と暮らせば - モリサキ靴工房・森崎恵さん(革) | main | 猫と暮らせば - 猫の本 >>
猫と暮らせば - ペットシエスタ国立さん(猫のおもちゃ)

今展でいつもと違う空気を連れてきてくださっているのはペットシエスタ国立さん。普段お店にいらっしゃるお客様が「・・・あれ?猫〜!?」とびっくりされています。実はお店を開く前の会社員時代のこと、企画に煮詰まると近くのデパートの地下にあるペットグッズのコーナーに行っては眺めていたのがシエスタさんの猫のおもちゃたちでした。「あ、これいいなぁ。」と選んでタグを見ると輸入販売元の住所には国立市富士見台の文字が。猫がつなぐご縁とでもいいましょうか、数年の時を経てこうして企画展でご一緒することに。

 

ラタンや紙、キャットニップ、羽などを使ったおもちゃたち。ちょんちょんと触れると鳴き声が出るものも。

 

 

羊毛フェルトのねずみはキャットニップ入り。鈴入りのネイチャーボールはしっかり編み上げてあるので1日で木っ端微塵にはなりません。

 

 

私的オススメ第一弾は1983年からのスーパーロングセラー、ペットシエスタ国立の店長さんをして「どの子も夢中になる」鉄板おもちゃ、紙とワイヤー、シンプルなのに目の前でゆらゆらさせるだけでおもしろいように遊んでくれます。

 

 

私的オススメ第二弾はレインボーキャットチャーマー、フリース製の長いねこじゃらしです。持ち手部分は丈夫なポリカーボネイト製、13kgの重さまで耐えられます。我が家のトトも夢中で遊んでいます。

 

 

そして、シエスタさんより太っ腹企画、期間中、お買い上げの方に猫用フードプレートいずれかプレゼント!しております。お留守番中の猫ちゃんに、おやつと共にどうぞ。