<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ショップへ戻る
<< 『tembo. 藍の衣』 | main | 焼く土鍋と柄付き >>
煮る土鍋とねじり

ごはんを美味しく炊けたら、温かい汁物がほしくなるもの。毎日のごはん作り、日々作っているはずなのに「あぁ、今日は何を作ろう・・・」と何にも浮かばない日もあります。私の場合、そういう時はとりあえず、昆布やいりこ、お水をお鍋へ。たっぷり食べさせたいお野菜や海藻、きのこ類はお味噌汁やスープに。これさえあれば、主菜、副菜がちょっと少ないかな?という日でもお腹も、心も満たされる気がします。

 

ふっくらと丸い形状と肉厚成形の「みそ汁鍋」、煮込む際に対流を促し、熱をムラなく食材に伝えます。火を止めた後でも、ゆっくりじっくり余熱で味が染み込むので、お味噌汁や、煮込み料理におすすめです。

 

R0026020.jpg

 

伊賀土鍋 利休土草、3サイズ。大(3〜5人用)、中(2〜4人用)、小(1〜2人用)。あともう少ししたらお鍋料理が美味しい季節ですね。万一壊れてしまったら・・・ふたのみ、本体のみ、パーツ毎に購入できるので安心です。

 

R0026025.jpg

 

底面がフラットな「ビストロ土鍋」は2〜3人用。写真のシロの他、クロ、アメ色があります。アヒージョや、ロールキャベツなどに似合いそう。

 

R0026035.jpg

 

8の字型の「しゅろのやさしいたわし ねじり」と「ねじり 小」、金具が隠れているので360度どこでもあまり気にせず使えます。また真ん中のくぼみが握りやすいのが特徴。我が家でも使っていますが、小さな保存容器やお弁当箱洗いにも重宝しますよ。

 

昔ながらの棕櫚(しゅろ)のたわしは柔らかくてコシが強い、やさしい手触りのたわし。触れてみると「たわしは固い」そんなイメージが覆されます。ご家庭で多く使われているスポンジとの違いは、スポンジは「面」で洗い、たわしは「繊維」で洗うということ。適度な固さとしなりを持った棕櫚の繊維で掻きだすように洗うと、表面に細かな傷をつけることなく確実に汚れを落としてくれます。

 

R0026044.jpg