<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ショップへ戻る
<< 消費税改定に伴うサイトメンテナンスのお知らせ | main | 燻す土鍋と鍋敷き >>
蒸す土鍋とささら・すみっこ

お野菜やキノコ、魚介類、それからお豆腐・・・蒸気が上がる土鍋で蒸した食材は芯までしっかり熱が伝わって美味しい。茹でるよりも蒸す、余分な水分が入らないのでしゃきっと歯ごたえも良く、甘く感じます。

 

「ヘルシー蒸し鍋」、大(3〜5人用)。週末の土鍋料理教室ではこちらの大きな土鍋を使い、鶏蒸しホットドレッシングと野菜のポトフスープ、2種のお料理をいっぺんに作ります。ひとつの道具(お鍋)で献立が2つ、繰り返す日々のごはん作りにはとてもありがたく頼もしい存在です。サイズは大の他、中(2〜4人用)、小(1〜3人用)、色は黒の他、白もあります。

 

 

水を張って陶製のすのこをセット、蓋をして火にかけ蒸気が上がったら食材を載せます。短時間でも余熱でじんわり温めて美味しく。すのこを外して使えば、鍋料理にも。

 

 

「ビストロ蒸し鍋」、底面がフラットな蒸し鍋、大(2〜4人用)、小(2〜3人用)、色はクロとアメがあります。

 

 

こちらも陶製すのこを外して、煮込み料理にもお使いいただけます。ワイン蒸し、シチューなどにあいそうです。蓋の持ち手、取っ手が直線的でシャープなデザイン。

 

 

棕櫚製品はいろんな形があります。細長い「棒」状のたわしは先がくるり、針金を折り曲げて形を帰ることができます。「すみっこ」は箒状、おひつや飯台の合わせ目など気になる部分のお掃除に。繊維をぎゅっと束ねた「ささら」はお台所も良いですが、オススメはシャツの襟汚れや靴下の予洗いに。繊維に入り込んだ汚れを掻き出すように綺麗にしてくれます。

 

 

まぁるい形の「高田さんちのドーナッツ ミニ」は、針金がが繊維に囲まれていい具合に隠れているので、お鍋にぶつかることを気にせずに全体を満遍なく使えます。まるいお鍋を洗うにはまるいたわしがぴったり!というお話。チョコ(棕櫚)、ホワイト(サイザル)、ハーフ、マーブルの4種、柔らかくてコシが強い、やさしい手触りのたわし。触れてみると「たわしは固い」そんなイメージが覆されます。ご家庭で多く使われているスポンジとの違いは、スポンジは「面」で洗い、たわしは「繊維」で洗うということ。本物のドーナッツみたいなパッケージ入り、見て楽しい、使って便利なかわいいたわし、味(?)もお選びいただけます。