<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ショップへ戻る
<< Zwillingeさんのフレーベルの星の会 | main | リンネル1月号 >>
勢司さんの冬籠りのかご・届いているもの

『勢司恵美 冬籠りのかご』展は早くも折り返し、今日はぐっと気温が下がって朝から肌寒いです。前半は勢司さんも在店くださり、沢山の方々にお運びいただき、ありがたいことに、かご達もあちらこちらへいっぱい旅立って行きました。が、今展「これは・・・店に並ぶかしら?」という程、ずらりずらり沢山作ってきてくださったので、まだまだ見応えたっぷりです。

 

2年前の展を終えてすぐ「家で使うかごがいいね。」と二人で一致団結、意気投合?家の中で過ごすことが、時間が、より一層心地良くなるような、いつも暮らしの傍に凛と佇むような、そんなかご。皆さまの暮らしのどこかに馴染むひとつを見つけていただけましたら嬉しく思います。

 

001.jpg

 

作り手がほとんどいなくなってしまった「角かご」、A4サイズ、 B3サイズの角かごに加えて、手提げタイプの角かごも。サイズは・・・6パックのビールが2セット(=1ダース)すっぽり入る寸法、持ち手は可動式ですので普段はパタンと下げて収納用にも。

 

※角かご(小) ¥7,000(+税)・角かご(大)¥9,500(+税)・角ビールかご ¥21,000(+税)・・・受注制作いたします。

 

002.jpg

 

003.jpg

 

勢司さんの代表作・茶碗めご(水切りかご)、丸と楕円の大小、こちらも受注製作承っております。

 

※茶碗めご(楕円・大)¥12,000(+税)・(丸・大)¥11,000・(楕円・小)¥9,500(+税)・(丸・小)¥8,500(+税)

 

004.jpg

 

DMにも使用した「横長かご」、長さに対して横幅をぐっと絞っているのでとてもスマートな印象、ソファやベッド周りに、読みかけの本やスローを入れて。

 

006.jpg

 

横長かごと同じ意匠、小ぶりになった「ちょうどいいかご」、勢司さんはお台所で食品ストック入れに使われています。横幅は31cmほど、持ち運びもスムーズです。

 

005.jpg

 

六つ目編みの大きなかご、右はたらいぐらい大きい!後ろにある四角いのは「干しざる」裏表、網代編みが美しいです。

 

007.jpg

 

縦型の大きな「脱衣かご」、漁師町で魚を運ぶのに使われていた「横田かご」しっかり頑丈な作り、ペット用のベッドにも。

 

008.jpg

 

竹の表皮を薄く削る「みがき」と呼ばれる技法が施されている「ケータリングかご(籐持ち手)」、経年によりどんどん色濃くいい色合いに変化します。

 

009.jpg

 

パティシエの方からの「ホールケーキが丸ごと収まるかごを!」というご依頼から生まれた「ケータリングかご(一本手)」、我が家ではブランケットと湯たんぽを入れて使っています。運動会ではお弁当と水筒を入れ、キャンプでもあれこれ道具を入れて運べる大活躍のかごです。

 

010.jpg

 

青竹以外ではこんなかごも。オカメザサという種類の竹を使った「えびら」、昔銭湯で使っていた脱衣かごと同じ形、茨城の県北の形です。

 

011.jpg

 

六つ目編みの脱衣かごや、手つきかご、八つ目編みの手提げも。

 

012.jpg

 

こちらは「毛糸かご」、底が四角、なだらかに立ち上がって上部が丸いかご。底面のなだらかなカーブと四隅に足、がいい感じ。編み物、縫い物の道具入れに。

 

013.jpg

 

一本手の買い物かご、飾りつき、飾りなし。お出かけに使わない時は、仕舞い込まずにぜひ収納かごに。おやつを入れてもいいし、アイロン道具を入れてもいい、年中使ってほしいかご、こちらも全て「みがき」が施されているので、使っていくうちにいい色合いに、育つかごです。

 

014.jpg

 

外吹く風はひんやりと、お出かけの際はどうぞ暖かく。今週23日(土)まで冬籠りのかごたちと一緒にお待ちしております!