<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ショップへ戻る
<< 洗面台、そしてタオルの行方 | main | 「昭和の公団」オープンハウス >>
種と芽
好きなことは何?楽しいことは何?

7つの年が近づいた娘が、先日習い事を辞めました。幼い頃、初めて自らやってみたい!と始めたバレエ。クラスが上がり、いろいろ感じるところがあったのでしょう。辞めるにあたって「じゃあ今一番何が好き?何がしたい?」と尋ねると「絵を描くことがしたい」と即答。絵を描いたり、のこぎりで竹を切ったり、針と糸で布を縫ったり、写真を撮ったりしたい。それが今一番好きで、楽しくて、やりたいこと。

彼女のカメラに収められたトト、今はモノクロームの世界に惹かれているようで、写真は白黒ばかり。



そうか、じゃあそうしよう。ちゃんと今までにありがとうとさようならを伝えて、次にしたいことをしよう。楽しくて楽しくて、時間も、ごはんを食べることも、眠ることも忘れてしまうほど好きなことをいっぱいいっぱいしよう。

思えば私たち親もそうだった。好きなことは?楽しいことは?やってみたいことは?やってみたいことが何かになる、ならぬではなく、やりたいと言ったらやらせてもらい、多くのことを中途半端でおきざりにしたもののどうにかこうにか大人になって、今、私たちは好きなことを生業にしている。この親にして、この子あり、だ。

蒔かれた種が芽になろうがなるまいが、蒔きたい種を蒔けばいい。種はひとつじゃなくて、いっぱいでもいいんだよ。