<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ショップへ戻る
F/style ステインプルーフ

水や汚れを弾き、切りっぱなしで使うことができるステインプルーフの生地。しっかりと打ち込んだ厚手の織ながら、重力を感じない軽さと丸み、一見するとポリエステルとは思えない自然な色と風合いを持っています。切れっぱなしで使える生地の特性を活かし、必要最小限の裁断で残布も出さずに見た目も軽やかなバケットは、おもちゃ入れ、洗濯物入れ、ゴミ箱、新聞や雑誌入れとして。

 

特にゴミ箱、空間の中であまり目立ってほしくはないもの、かといって手入れに手がかかるのも困る。我が家では台所以外のゴミ箱をどんなものにしようかずっと探していたのだけど、空間に自然に溶け込むような色と形に出会って落ち着きました。Sサイズはデスク周り、Mサイズは2階、Lサイズは読み終えた新聞紙の保管場所に。

 

 

 

 

洗濯機で丸洗いできるスリッパ、水も汚れも弾いてくれるのでスリッパに最適な生地。3サイズあるのも嬉しいところです(S:21-23cm・M:23-25cm・L:26-28cm)。

 

 

切りっぱなしで使える生地、縫製なしで慶弔両用でお使いいただけるふくさ、カードケースも。

 

 

衝撃や水から守ってくれるパソコンケース、11インチと13インチがございます。

 

 

新潟県三条市にある創業百年の老舗・坂源の生花用鋏。刃の耐久性はもちろん、茎、枝を軽い力で美しく切ることが出来るため、切り口を潰さず水を吸いやすくなるため、花の持ちがとても良いです。花鋏のケースにも、ステインプルーフ生地。

 

F/style 銅製品

一枚の銅板からへら絞りという昔ながらの技法で立体にし、鎚で打ち、形が作られていく銅のお鍋。熱伝導性に優れ、青菜や山菜を色鮮やかに湯がいたり(お塩いらず!)、煮込み料理やジャム作りにも最適です。ステンレスやアルミ、ホーローのお鍋しか使ってこなかった我が家、銅のお鍋ってお手入れが大変そう・・・と思っていたのですが、手にしてみたらそんなことはない。気をつけることといえば、水気を良く拭き取ることと、お料理を入れっぱなしにしないこと、柔らかいスポンジを使うこと。何よりお湯が沸くのが早い、時間がない時のごはん作りには本当に頼りになります。

 

初めはきらきらと眩しいぐらいの鍋肌は、使っていくうちに十円銅貨のような渋く深い色合いに変化します。

 

 

※セイロは全サイズ完売、作り手さんの諸事情によりしばらくの間再入荷の目処が立っておりません。

 

錫(スズ)引きと、素銅があります。両手鍋は5寸、6寸、行平鍋も5寸、6寸、それから小ぶりなミルクパンも。スズ引きのものは青錆び(緑青)の心配がないので、普通のお鍋と同様にお使いいただけます。素銅のものは通常通りお料理したら、そのまま保存せず別の保存容器へ。これさえ気をつければとっても使い勝手が良いです。

 

 

 

銅の熱伝導率はアルミの2倍、鉄の5倍、なんとステンレスの25倍。銅のチロリ、お湯をはったお鍋にかけて50秒ほどで熱燗に。熱伝導力、保温力があるので、お鍋からおろして食卓の上においていてもしばらく温かい。逆に冷やしたいものを注いで氷水に入れると急冷できます。

 

 

チロリと共に、我が家でも愛用中の錆漆塗りのコップは口当たりがとっても良いです。繊細に薄くひかれた木のコップはお酒はもちろん、温かいお茶やコーヒーにも。白漆と黒漆があります。

 

 

銅のコースター3種、素銅、黒銅、真鍮。使っていくうちに渋い色合いに。素銅は十円玉硬貨のような、黒銅は黒い色が部分的に剥がれて銅の色が顔を出し、真鍮は五円玉硬貨のような経年変化が楽しめます。

 

 

黒銅の片口、3種。ドレッシングを入れたり、酒器にしたり、冷たいお料理の器として。

 

 

お皿とボウル、薄い銅板を木型に沿わせて絞っているので表面に木目の跡が見えます。ケーキ皿やサラダボウルとして。内側は錫(スズ)がひいてあります。

 

 

銅の燭台3種、素銅、黒銅、真鍮。植物性の原料でできた和蝋燭は、パラフィン蝋燭(石油系)と比べ油煙が少なく、炎に丸みがあるのが特徴です。これからの季節、夕暮れ時から夜に点したら温かな時間が流れることと思います。

 

 

足立茂久商店さんのわっぱセイロはあいにく完売してしまいましたが、その他の調理道具はご用意ございますよ。馬毛のうらごしは繊維質を切らずに綺麗に漉せるので素材の美味しさを損なわずに滑らかに仕上げることができます。

 

 

ステンレスではなく真鍮の網を張ったふるい(50目)。真鍮は粉をふるっても静電気が起きにくく、お砂糖と粉の混ざり具合が良いのでお菓子作り、また蕎麦打ちなどにおすすめです。

 

F/style 籐製品

F/styleの籐製品のシリーズは全て塗装をかけず、籐本来の自然のままの仕上げ。山形県の籐製品の老舗・ツルヤ商店で昔から変わらない手法で職人さんたちの手により生み出されます。表皮を剥いた籐の白い肌は清潔感があって軽やかな印象、木製品にはない、籐の特性である曲げの美しさが際立っています。

 

直径25mmの民籐(トウチ)という種類の太い籐を強烈な蒸気を当てた後、型に合わせ美しい曲線に仕上げられたバスケット。一ヶ所だけ細い籐で巻きポイント柄が入っています。

 

 

丸と楕円。

 

 

脱衣かごとして、読みかけの本やブランケットを入れて、おもちゃ入れ、小型犬用のベッドにも。

 

 

こちらは直径20mm、籐家具のフレームに使われる太い籐を使用したハンガー。籐と鉄の接合部分には様々なポイント柄が。大人用と子ども用、お気に入りの洋服の定位置に。

 

 

我が家では娘が赤ちゃんだった頃のベビードレスをかけています。こうして比べてみると少しずつ色が変化しているのがわかりますね。

 

 

細い籐を波形に曲げ、半芯で全体に巻き上げた波形バスケット。中に入れるものを軽やかに縁取るような美しい空気感を持ち合わせています。細い鉄の持ち手がついています。

 

 

こちらも丸と楕円。

 

 

 

中に入れる物を隠すのではなく、中に入れるものが主役とわきまえている名脇役のような端正な佇まい。

F/style 麻とウールのマット

ハンドフックを用いた山形月山緞通による麻糸とウール糸を用いたマットたち。緞通といえばウールという概念から離れ、高温多湿の日本の気候に合う麻素材に着目し、ウールより太くて堅い麻糸に合わせて機械を改良、麻とウールを組み合わせた通年使うことができるマットが生まれました。

 

フックガンと呼ばれるピストルのような刺繍機で、描いた下絵にそって裏側から水平に一列ずつ織り進んでいく。しっかりと目がつまり、丈夫で柔らかくチクチクしないので素足でも気持ちがいい。長年使い続けてもへたらず長持ちします。

 

 

ベースは麻のループ織、モチーフ部分はウールのカット織の「RONDO cat mat」と「HOUSE doggy mat」。素材毎の高低差が生まれ、モチーフが浮かび上がり、つい撫でたくなるような存在感。

 

 

F/styleの出発点となったdoggy mat。仕事を始めて2年程はこのマットをカートにくくりつけふたりで各地を周ったといいます。玄関先でしっぽを振ってお出迎えしてくれるような愛らしいマット、愛犬の居場所にもぜひ。

 

 

自由にお散歩しているような猫の姿が描かれたcat mat。麻、ウール、やはり気持ちいい場所を猫は知っています。我が家のトト(♂・5歳)は夏は麻の部分にお腹をペッタリとつけて、冬はウール部分に頭を載せて良く寛いでいます。爪研ぎにも心地良いのでしょう、パリパリしていますが気に入ってくれて何より。爪が届かない部分は綺麗なまま、素晴らしい。 → こちら

 

 

新作のTERRA、三角形のマットは1枚でも、後に2枚、3枚・・・と組み合わせても。長い辺は74cm前後、ドアや扉のすぐ傍に置くといい寸法、空間のアクセントになりますよ。麻糸を脱色せずに染めたキイロと有色羊毛グレージュの組み合わせ。

 

 

上から有色羊毛のダークブラウン、麻糸を脱色せずに染めたアッシュグレー、ウールのキイロ。麻はバスルームや台所など水周りに、ウールはエントランスやリビング、子ども部屋などにおすすめです。

 

 

麻とウールを一緒にループ状に織り込んだハイループタイプ(ループが長めで高さがある)、ウールの色がアクセントに。お風呂上がり、家族皆が使ってもジメジメせずに気持ち良く使えます。

 

 

100cm幅、キッチン用も。こちらはローループ(ループが短めで低め)素足でも気持ち良くお使いいただけます。

 

 

全てのマットは手洗い可能、長いお付き合いをお愉しみいただけます。

F/style ゴムが入っていない靴下

ゴムが入っていないのに、ずれ落ちてこないのには秘密があります。糸に負担をかけずに低速で編み上げた靴下、履き口のところにゴムを入れない代わりに、裏糸の伸縮性を活かすことで柔らかくフィットして脱げ落ちない。丈もまた機能面からちょうど良い長さが考えられています。足首をぎゅっと締め付けることがなく血行を止めないので一日中履いても足がむくみにくく、一度履くとあまりの快適さに、手放せなくなる靴下。

 

色も形もいろんなタイプが勢ぞろいしていますよ。

 

 

F/styleの靴下シリーズの中で一番柔らかく優しい履き心地の「ゴムが入っていない、ガーゼな靴下」。ガーゼのように薄手で丈が長くふわふわの質感。これが手放せない!というお客さまも多数いらっしゃいます(22 - 25cmのSサイズのみ)。

 

 

赤ちゃん用(9 - 11cm)もございます。柔らかなあんよを優しく包んでゴム跡を残さない。贈り物にも人気です。

 

 

ストライプ柄に編んだ「ゴムが入っていない、ストライプの靴下」、肌に直接触れる内側に綿糸を使用しているため、さらりとしたはき心地。Sサイズ(22 - 24cm)、Mサイズ(24 - 27cm)、ベージュグレー、ダークブラウン、グレー、ブラック、ネイビーの5色。短めのパンツやスーツに合わせても素敵です。

 

 

リブではなくストライプの柄に編み上げています。地の色と柄部分の配色が美しいです。

 

 

「ゴムが入っていない、ふんわりしたはき心地の靴下」、一番色が揃っているシリーズ。表糸と裏糸の色を変えてある配色のものもあって、履いてみると小さな発見のようで楽しい。ベーシックな8色はSサイズ(22 - 25cm)、Mサイズ(24 - 27cm)があります。

 

 

淡い色合いの6色はSサイズ(22 - 25cm)のみ、気持ちがぱっと明るくなるような色。ご自分用にはもちろん、ご両親や、入院中の方への贈り物にもお選びいただくことが多いです。

 

 

足首からふくらはぎにかけて二重になっているので、足首を程よくホールドしてくれる「ゴムが入っていない、ズレ落ちず締めつけない靴下」、程よいフィット感、着こなしのポイントになるブルー系もあります。