<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ショップへ戻る
水無月と手ぬぐい

水無月、梅雨入り、季節らしく東京も朝から曇り空、明日あたりから傘のマークも出てお洗濯の具合が気にかかるところです。一日の始まりに一枚を選んで台所の手拭き掛けにかけるのは手ぬぐい。濡れてもすぐに乾いてくれるから快適、おろしたての新鮮さもいいけれど、何年も経ってくったくたのガーゼのような手ぬぐいに触れるのはまた幸せです。

 

手拭き、汗拭き、ハンカチやタオル代わりに。

 

 

布巾に、ランチョンマットに。

 

 

かごバッグや収納ものの目隠し布として。

 

 

左は真新しいもの、右は2年程使用したもの。

 

 

我が家では主に台所用の手拭きとして、出かける時はハンカチと別に一枚持っていきます。季節や気分、洋服と合わせて選ぶのがまた楽しい。持ち寄りの小さな集まりがある時は四合瓶の日本酒や、ワインのボトルを包んで。旅先に持って行ったら寒い時は首に巻いて防寒、作業の時は頭に巻いて汗止めに。タオルがなかったら、手ぬぐいで身体を拭けばいい。

 

 

伝統柄に学びつつも、その時々で心動かされるものを美しい意匠に仕上げられるあひろ屋・野口由(ノグチユキ)さん。図柄は全て手描き、製作は職人さんに依頼し注染という技法で染められます。特岡という細番手の糸を使った生地を使用しているため、目が細かく、質感はしっとりと柔らかい。使い込む程に更に柔らかく馴染んでいきます。たおやかな意匠と色遣いと生地の肌触りの良さはずっと使い続けたくなる所以かも知れません。ウェブショップにも(ようやく!)upしましたので、雨降る日はどうぞこちらでも。

 

そういえば!娘が赤ちゃんの頃はこんなのも作りました → 手ぬぐいワンピース

テラバヤシ・セッケイ・ジムショ

相方・テラバヤシ・セッケイ・ジムショのホームページがリニューアルしました。

 

普通の家ってなんでしょう?

 

普段考えていること、感じていること、大切にしていること・・・言葉ではないもので伝える、形にする技を持っているって素敵です。手がけてくださったのはplain-designの鎌形さん!パソコンでもスマートフォンでも見やすいです。あちこち情報を探すのもわかりやすくて楽しいです。見た目だけじゃない、使い手に優しい居心地の良い場を作ってくださいました。ありがとうございます。けっしてカタチから入る事なく、さりげなく美しい普通のデザイン。あれ?テラバヤシが目指す家づくりと同じですねぇ。

 

 

*テラバヤシ・セッケイ・ジムショ → http://terracotta.jp

ki-to-te お箸づくりワークショップ

来月23日(金)から始まる「ki-to-te 無垢の木の家具と小物」展では、お箸づくりのワークショップを開きます。 お申込みはいずれも下記よりお手続き or お電話[042-575-0084・musubi坂本まで](火〜土 12:00〜18:00)にて承ります。皆さまのご参加をお待ちしております!



*「カートに入れる」ボタンを押すとmusubiのウェブショップにリンクします。


*「カートに入れる」ボタンを押すとmusubiのウェブショップにリンクします。

ストローバスケット

warang wayanさんより、ストローバスケットが届きました。今回は深型のブラック、ブラウン、グレーの持ち手のもの。年を追う毎にお問い合わせが増加している人気のバスケットですが、ひとつずつ丁寧な仕上げを施して送っていただいているので、いつでもすぐにお渡しとは相成りませんが、探して、待って、手にしたら、日々使いながら、あぁ、待った甲斐があったなぁと感じるバスケットであります。

 

お出かけ用のかごバッグとしても、家の中の収納かごとしても、編み目の美しさ、丈夫さ、サイズ・・・どこを取っても秀逸なかご。我が家でも3サイズ、一年中大活躍しています。

 

 

・ストローバスケット 深型(S) ¥4,300(+税) size : W32 x H23 x D13cm

 

・ストローバスケット 深型(M) ¥4,900(+税) size : W39 x H26 x D16cm

 

・ストローバスケット 深型(L) ¥5,500(+税) size : W45 x H32 x D19cm

 

今回の入荷分の持ち手の色はこんな感じ。きっちりと本体に取り付けられた持ち手に巻かれる革の色や質感は、入荷の度に少しずつ異なります。それぞれ似ているようで、同じものはひとつもない。自分にしっくりくるかごに出会えたらうれしいもの。ちなみにwarang wayanさんは梱包もとっても丁寧で、この革の部分には柔らかなビニールがひとつずつ巻かれてきます。刻印のタグがひとつずつ付けられています。そんなところからも細やかなものづくりに対する思いが伝わってきます。

 

 

そして・・・大変大変心苦しいのですが、今回の入荷分に関しましては今週いっぱい店頭のみの販売とさせていただきます。週明け、早い段階でウェブショップでも少しご案内できればと思っておりますので、ご遠方の方には申し訳ございませんが何卒ご理解いただけましたら幸いです。

 

 

ご来店いただける方には、実際にお手にとってお気に入りを見つけていただけましたら嬉しく思います。

ki-to-te 無垢の木の家具と小物

新しいものを生み出すときは、作っては使い、使っては手を加え、さて、もう一度。そうして、長い年月をかけて育った木々の命を慈しむように、手の中で幾度となく反芻しながら木の道具を生み出すki-to-teの前田充さん。小さなお箸置きから大きな食卓まで、日々の暮らしを共にしたらいつしかふと気づく、健やかでぶれない仕事に会いにいらしてください。

 

◆ ki-to-te 無垢の木の家具と小物
2017/6/23(金)〜 7/1(土)12:00 - 18:00
[会期中26日(月)お休み]

 

 

 

近くに雰囲気のいいアトリエを構えている木工作家さんがいるらしい。7〜8年ほど前になるでしょうか、国立で新たな家を探していた我が家はそう耳にしてその場を訪れようとして迷うこと数回。そんなこんなしているうちにご縁をいただいて、充さんの作る木の道具とお付き合いが始まりました。作るものはとても穏やか。でも、決してぶれない静かな強さがある。そんな仕事に間近で触れてほしいなぁと思っています。どうぞお楽しみに。

 

 

 

会期中は、お箸づくりのワークショップも。お申し込み方法など、詳細はまた追ってお知らせいたしますね。

 

■お箸づくりワークショップ(各回 4名/参加費 2,500円)

6月24日(土)10:00 - 12:00

6月25日(日)10:00 - 12:00 

26日(金)より募集を開始予定です。今しばらくお待ちください。